ドライアイでお困りの方へ

ドライアイの患者様の多くの方に
マイボーム腺の異常があることが分かりました

最近の研究ではドライアイの症状を訴える患者さんの多くの方にマイボーム腺機能不全(MGD)であることが明らかになりました。

当院ではマイボーム腺機能不全を治療するために新たにIPL治療機であるM22という機械を導入しました。ドライアイでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんでしたか?

  • 目の乾きチェック 目の乾きが気になって一日に何回も点眼しないといられない。
  • 目が乾いているチェック 目が乾いていると見ているものがぼやけるのでストレスが溜まる
  • 目がショボショボチェック 目がショボショボする
  • 目薬しても乾くチェック 目薬してもすぐに乾いていしまう
  • コンタクト耐えられないチェック コンタクトが耐えられない
  • まばたきたくさんチェック 乾いているからまばたきをたくさんしてしまう。

結果として、こんな症状が起こります。

ドライアイ症状

ドライアイから生活を狂わせる症状まで発展しているケースが多くあります。

一般的な治療では、点眼を処方することがほとんどだと思います。
一歩踏み込んで涙点プラグを使うこともあるかもしれません。

しかし、それ以外の画期的な治療法はないと思ってませんでしたか?

菊地眼科クリニックでは、マイボーム腺機能不全に効果がない点眼ではなく、M22を使った新しい機器と医薬品でドライアイ症状改善へ向けて徹底した治療を行います。

点眼しても効果がなかなか得られず悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
そんな方に、痛みも少なく、入院の必要もないM22を使った新しい医療で快適な生活を取り戻していただきたいと考えてます。
ドライアイの症状が「点眼しても改善しない」方は、当院で新しい医療を受療してみませんか?

もしかしたら、あなたもドライアイかもしれません。

ドライアイの新しい治療手段「M22」

ルミナスM22写真

菊地眼科クリニックは眼科としてM22という機器を取り入れている数少ないクリニックであり、これまでたくさんの患者様に施術してきました。
フォトフェイシャルM22とは、米国ルミナス社の機器です。
従来の機器と比べて先端のフィルターバリエーションが豊富になり、6種類の波長から様々な色味や肌悩みに合った波長を組み合わせることで効果的に治療を行うことができます。
フォトフェイシャルの光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管)に当たると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。

神奈川県の眼科クリニックでM22を導入しているのは当院のみ(当社調べ)です。

M22のメリット

  • 痛みがほとんどない
  • 施術時間が短く、かつ効果が高い
  • 肌への負担が少ない・ダウンタイム(安静時間)がない

ドライアイの治療方法

下眼瞼を中心にM22を26回照射します。照射時間は2分程度で終わります。
その後、下眼瞼を圧迫させていただきマイボーム腺の中にある劣化した脂分を圧出します。
これも3分くらいで終わります。
これを3~4週間毎概ね6回程度施術させて頂きます(個人差があり8回位行う場合もあります)。
その後は半年に一度メンテナンスで施術することになります。
1度の施術で効果を実感する患者様もいれば、8回目くらいから効果が出てくる患者様もデータ上存在します。
回数が多くなる患者様の特徴として罹患期間が長い方と言われております。

施術前準備

01 施術前の準備

化粧を落としてジェルを塗る

M22施術IPL照射

02 施術

アイプロテクトで眼球を保護しIPLを照射する

マイボーム腺観察

03 スリット顕微鏡で診察

IPL照射後のマイボーム腺を観察します

マイボーム腺圧出前の下眼瞼

04 圧出前の下眼瞼の様子

マイボーム腺機能不全の部分が盛り上がっています

マイボーム腺からの脂分圧出

05 圧出

マイボーム腺圧迫セッシでマイボーム腺のつまりを解消します

マイボーム腺から圧出された汚れた脂分

06 圧出され汚れた脂分

詰まっていた脂分が出てきます

マイボーム腺異常のイメージ図

菊地眼科クリニックのM22
医療現場や患者さんからみる「M22」とは?

佐々木先生
ドライアイの不快な症状に悩みながら点眼などでもなかなか改善せず、我慢して生活されている方も多いと思います。
M22によるドライアイ治療は、今まで様々なことを試しても改善が得られなかった方にもおすすめです。慢性的な疾患ですので、治療中も点眼や温罨法等のホームケアの併用も必要です。
そちらのサポート、アドバイスもさせて頂きます。是非、お気軽にご相談ください。
看護師 新井
菊地眼科クリニックでは安全で効果的と思われる新しい治療や機械の導入など積極的に行なっております。
今回、マイボーム腺機能不全に対してドライアイを治療することが出来る機械を入れました。
ドライアイで通院加療の患者様に対して何よりの朗報と確信しております。
医療の進歩はまだまだ著しく、これまで治らなかったドライアイも治る可能性があります。 諦めずにまずはご相談ください。

菊地眼科クリニックの信頼と実績

安心のスタッフ体制

安心のスタッフ体制

院長をはじめ木曜日には佐々木先生(女医)が施術を行います。また眼科に特化した<看護師・視能訓練士>が常駐し、患者さん皆さまをしっかりとサポートいたします。 さらに、電子カルテを導入することで診察や会計業務を早くし、患者さんの不満を解消できる環境を提供しています。
◀︎遠隔診療・訪問診療も行っており、必要に応じてご利用いただけます。

スタッフ一同

実際に施術を受けているスタッフから体験談が聞けます

実際に施術を受けているスタッフもおりますので、実体験をお聞きになりたい患者様はスタッフまでお声掛けください。皆様のドライアイへのお悩みが少しでも改善できるようにスタッフ一同新しい治療を提供できるように取り組んでまいります。医師として、眼科医としてだけでなく、ホームドクターとしてもご利用していただけるよう関わる患者様のことを真剣に考え、満足していただけるよう努力しています。何でも言っていただける相談できる関係性を作りながら治療を進めてまいります。質問などございましたら、いつでもお問い合わせください。

菊地眼科クリニック院長 菊地琢也

経歴
平成12年東海大学医学部卒業
平成12年昭和大学大学院入学
平成14年医学博士
平成16年昭和大学大学院卒業
昭和大学眼科学教室入局(院外助手)
平成17年水戸市 小沢眼科内科病院
平成20年昭和大学病院(助教)
平成22年川崎市 総合高津中央病院 眼科医長
平成25年昭和大学病院兼任講師



資格
日本眼科学会認定眼科専門医
昭和大学眼科兼任講師
身体障害者福祉法指定医
視覚障害者用補装具適合判定医

よくある質問

Q
M22は誰にでも治療できますか?
A
高校生以上であれば基本的に施術可能です。妊娠中の方は安全が確立されていませんので施術できません。
Q
費用はいくらぐらいかかりますか?
A
1回1万円で、3~4週間おきに6回程度治療しますと効果が出やすくなります。人によって効果のでる回数は異なります。
Q
他に眼科でM22を治療できるところはありますか?
A
現時点では、神奈川県下の眼科クリニックで当院のみとなっております(2018年1月)。
Q
化粧は全て落とさないと行けないですか?
A
目の周りは落としていただきます。施術後はお化粧が可能ですので必要な方は化粧道具をお持ちください。また、施術後は紫外線の影響を受けるので照射部に日焼け止めを塗るようにしてください。
Q
涙点プラグが入っていますが治療は可能ですか?
A
可能です。
Q
施術は誰が行いますか?
A
医師が施術いたします。
Q
全てのドライアイに効きますか?
A
涙液分泌減少型のドライアイには効果がありません。医師の診断のもと、治療の適応か判断させていただきます。
Q
副作用はありますか?
A
特にありません。
Q
施術後も点眼は必要ですか?
A
継続したほうが症状は軽減しやすいと考えます。また、温罨法(おんあんぽう)も大事で日常のお手入れは大切です。
Q
過去にレーシックを受けましたが治療を受けることは可能ですか?
A
可能です。