川崎市幸区のコンタクトレンズ処方なら医療法人光耀会 菊地眼科クリニック|新川崎・鹿島田

鹿島田駅徒歩5分・新川崎駅徒歩10分

044-520-6366

その他の診療

コンタクトレンズ処方について

コンタクトレンズ処方について

コンタクトレンズやメガネは、近視や遠視、乱視などに対する治療として一番手軽な矯正手段です。
しかし適切な度数のコンタクトレンズを使用しないと、眼精疲労や視力低下、肩こりなどの様々な不快症状につながりかねません。気づかないうちに疲労が脳に蓄積され、頭痛や首痛、胃腸機能の低下ほか、全身的な症状を引き起こしてくるケースもあります。

また、コンタクトレンズは目に蓋をするようにして装着するため、痛みなどの症状に気づかないことも少なくありません。酸素透過率の低い、安価な輸入コンタクトなどを使用して深刻な症状を招いたり、あるいは水道水で洗浄したりしていると、緑膿菌(りょくのうきん)やアカントアメーバなど、角膜に重大な感染症を引き起こしかねない雑菌や寄生虫を目に取り込んでしまう可能性もあります。
特に若い方がそのような症状をかかえると、高齢になってから白内障やその他の目のトラブルにより手術の必要性に迫られたときに、角膜を痛めてしまっているために必要な手術が受けられないケースもあります。
そうした事態を招かないためにも、コンタクトレンズで視力矯正をする際は、まず眼科専門医にご相談ください。

当院でのコンタクトレンズのお取り扱い

コンタクトレンズは目にとっては異物ですから、適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと、傷・感染症などの障害を起こしやすくなります。
最近、コンタクトレンズにより目の不調を訴える患者様が増えておりますが、眼科医院でのコンタクト処方は1~3ヶ月分のコンタクトレンズの購入が前提となり、処方のたびに「目に傷はできていないか」「レンズがきちんと目に合っているか」を検査します。

この定期的な検査が大切ですので、当院では『日本眼科学会』の指導に基づき、コンタクト処方はコンタクトレンズの購入を同時に希望される方のみに行っており、処方箋のみやレンズの購入のみのご希望には応じておりません。しっかり定期的に診察をして正しい使い方をお約束された方にのみ、販売いたしております。
コンタクトレンズの装用がまったく初めての方は、受付時間の30分前までにご来院ください。

オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジー治療とは、近視および近視性乱視(近視と乱視の両方を合わせ持つ症状)に対して、寝る時にレンズを装用することで、眠っている間に角膜の形状を変化させ、裸眼視力を改善する近視矯正法です。変化した角膜の形状は一定期間保持され、その間の裸眼視力は改善されます。最近の報告では、近視の進行予防にも効果があると言われております。
未成年者が装用する場合は、親権者の管理・指導のもとで装用していただきます。

オルソケラトロジーの向く方

オルソケラトロジー
  • メガネやコンタクトレンズがわずらわしい方
  • 裸眼でスポーツを楽しみたい方
  • 外科手術(レーシック)に抵抗のある方

オルソケラトロジーの注意点

  • 裸眼視力が出るのには約1カ月間かかります。
  • しばらくは夜間、眩しさやぎらつきを感じます。
  • 職業の関係などから6時間以上の睡眠がとれない方では、視力改善が遅くなります。
  • -6D以上の近視のケースは、適応がありません。乱視の強さに装用できない場合があります。
  • 現在妊娠中・授乳中、または妊娠の計画がある方は適応外です。

オルソケラトロジーの価格

当院でのオルソケラトロジー治療にかかる費用は下記の通りです。

レンズ代金(1年間の定期検診含む) 両眼 ¥150,000(税別)
2年目以降の検診、管理 1年につき ¥40,000(税別)

初回の受診時には適応検査などを含め、眼内を詳しく検査いたしますので、健康保険証をお持ちください。
詳細については、お電話にてお問い合わせください。

オルソケラトロジーのしくみ

使用方法は通常のコンタクトレンズと逆です。

寝る前にレンズを装着
角膜の形状を正常な屈折状態にする
翌朝レンズを外すと視力が改善

レンズの取り扱い

レンズの取り扱い
レンズを利き手の人差し指の先の上にのせ、レンズの状態を確認します。
傷、破損、変形、変色、落ちない汚れなどがある場合は装用を中止し、眼科医にご相談ください。
レンズの取り扱い
手指に付着した水分をよく拭き取ってから、レンズに触れます。
レンズの取り扱い
レンズは人差し指、中指、および親指で軽く持ってください。
レンズの取り扱い
レンズを図のように持ち、ホルダーのツメの部分とレンズを平行にし、ゆっくり出し入れします。通常のハードコンタクトレンズとはレンズの大きさが異なるため、必ず指定のレンズケースを使用してください。レンズを装用中は、レンズケースを空にし、よくすすいで自然乾燥させましょう。
レンズの取り扱い
レンズケースは細菌増殖の温床となることがあるので、常に清潔に保ち、定期的に交換します。
レンズケースに汚れが蓄積すると、眼の障害を引き起こすことがあります。
レンズの取り扱い
レンズを落としたときは、人差し指の腹と親指でレンズの端を軽くつまんで拾います。

装用時のご注意

装用時のご注意
鏡を見て自分の眼に目やにや充血が無いかを確認します。
装用時のご注意
爪を短く切り、先端を丸くなめらかにしておきます。爪を長くしているとレンズに傷をつけ、そこに汚れが溜まってしまったり、眼を傷つける原因になったりします。落としてしまった時のことを考えて、拾いやすくて清潔な場所で取り扱ってください。
装用時のご注意
手を石けんでよく洗い、清潔なタオルで拭きます。石けんが手や指に残らないようによくすすいでください。
汚れた指で装着すると、細菌汚染の原因となります。
装用体験ができます。また、お支払いは医療ローンを利用した分割で承ることも可能です。
詳しくは、当院事務員までお問い合わせください。