川崎市幸区の緑内障なら医療法人光耀会 菊地眼科クリニック|新川崎・鹿島田

鹿島田駅徒歩5分・新川崎駅徒歩10分

044-520-6366

緑内障

緑内障とは

緑内障は、何らかの原因で目の奥にある視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる疾患で、眼圧(眼球内圧)の上昇がその病因の一つと言われています。視神経乳頭(視神経が眼球に入る部分)の構造が弱い人では、眼圧が正常でも緑内障を発症することがあります(正常眼圧緑内障)。病気の進行とともに視力は低下し、最悪の場合は失明に至るケースもあります。厚生労働省研究班の調査によると、緑内障は現在、わが国における失明原因の第1位を占めています。

緑内障の症状

緑内障を治療しないままに放置しておくと、多くの場合はゆっくりと視野の異常が進行していきます。初期の緑内障では、わずかな視野異常があっても両眼で補い合い、また眼を動かすために気づかないことが多く、気づいた時にはもうかなり進行していたというケースもあります。視野障害が進行した場合は、視力が低下したり、場合によっては失明したりすることもあります。

緑内障の症状

『日本緑内障学会』の行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人における緑内障の有病率は5.0%であることがわかりました。つまり40歳以上の日本人には、20人に1人の割合で緑内障患者がいることになります。上記の調査では、発見された緑内障患者さんのうち、それまでに緑内障と診断されていたのは、全体の1割に過ぎません。自覚症状の無い早期のうちに診断を受けて治療することが、いかに大切かがわかります。
最近の緑内障の診断と治療の進歩には目覚しいものがあり、以前のような「緑内障=失明」というイメージは古いものになりつつあります。現代医学を駆使しても失明から救えないような難治性の緑内障が存在することも事実ですが、一般には早期発見・早期治療によって失明リスクを減らすことができる病気であることは間違いありません。
なお、急激に眼圧が上昇した場合(急性緑内障発作)では目の痛みや頭痛、かすみ目、充血、吐き気などの激しい症状を起こします。こうした場合は、急速に視野が悪化していきますので、早急に治療を受ける必要があります。

緑内障の検査

緑内障は「眼圧検査」、「眼底検査」、「視野検査」に基づいて診断がなされます。定期健診などで、いずれかの検査に異常があった場合は、必ずもう一度眼科医の診察を受けるようにしましょう。

眼圧検査

直接目の表面に測定器具を当てる方法と、目の表面に空気を当てて測定する方法があります。緑内障の重要な検査です。

隅角検査

主に診断のために行う検査で、専用のコンタクトレンズを用いて行います。この特殊なコンタクトレンズを患者さんの目に押し当てて隅角を観察し、診断します。

眼底検査

視神経の症状をみるために、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合、陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変化し、大きくなります。健康診断などでは、よく「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」と判定されます。緑内障を発見するためには必須の検査です。当院では最新の光干渉断層計(OCT)を用いることで、視神経線維のわずかな変化も比較的確実に診断できるようになっています。

視野検査

当院ではFDT(簡易視野計)、静的視野計、動的視野計を完備しており、初期の緑内障から確実に診断できるような医療機器が充実しています(予約制)。

緑内障の治療

緑内障の治療は、眼圧を下げて視野を維持することが基本です。治療としては薬物療法、レーザー治療、および外科手術があります。すべての緑内障に対して同じ治療効果があるわけではなく、緑内障のタイプやそれぞれの人に適した治療方針を決定していくことがとても重要です。

薬物療法

多くの緑内障では、点眼薬が治療の基本となります。緑内障のタイプ、眼圧、他の病気の有無などに応じて処方し、一種類の目薬だけで効果が少ないと判断された場合は複数の点眼薬を組み合わせて処方します。眼圧を下げる飲み薬もありますが、長期間使うケースは少なく、全身的な副作用が強く出ると内服できない場合もあります。治療は病状を維持するためのものです。症状が改善しないからといって中断したりせず、長期的視野に立って、根気よく続けていくことが大切です。

緑内障手術についてはこちら