川崎市幸区の眼瞼、結膜手術なら医療法人光耀会 菊地眼科クリニック|新川崎・鹿島田

鹿島田駅徒歩5分・新川崎駅徒歩10分

044-520-6366

眼瞼(まぶた)、結膜(白目)手術

眼瞼下垂、老人性皮膚弛緩症手術

加齢により筋肉の衰えや皮膚のたるみが生じると、上まぶたが下がることによって、視界を遮ったり目を大きく開けようとして疲労感が強くなったりします。
こういった症状がある場合は、眼瞼下垂症手術により症状を改善することが可能です。
当院では高周波ラジオ波メスを用いることで、術後の腫れや出血を最低限に抑えるので、術後早期からの社会復帰が期待できます。入浴は、手術翌日から可能です。
抗凝固剤を内服されている場合でも、休薬無しで手術が行えることがありますのでご相談下さい。

眼瞼下垂、老人性皮膚弛緩症についてはこちら

眼瞼内反症(逆さ睫毛)手術

眼瞼内反症では、まぶたが内向きになる状態で睫毛が眼の表面を刺激する(逆さ睫毛)ことによって、異物感や眩しさ、目やにが出るなどの症状が現れます。皮膚を切開する方法(切開法)や埋没法などの術式があり、短時間の手術で症状を改善することができます。入浴も、手術翌日から可能です。

眼瞼内反症、逆さ睫毛についてはこちら

翼状片手術

手術では翼状片を切除し、再発防止のための処置をします。所要時間は15分程度です。術後3カ月間ほど点眼していただき、再発予防に努めます。
現在までに約300例手術を行っておりますが、大きな再発は3例でその後再手術で落ち着いております。

翼状片についてはこちら

結膜弛緩症手術

結膜弛緩症手術は局所麻酔で行い、所要時間は10分程度です。術後2週間くらいは異物感を覚えますが、時間が経てば良くなります。術後の傷跡はほとんど残らず、見た目にはわからないくらいです。

結膜弛緩症についてはこちら