白内障

白内障について

白内障とは

白内障は瞳の奥にある水晶体という部分が、加齢などによって白く濁り(たんぱく質の変性)、視力が低下する病気です。
私たちが目で見ている映像は、目の中の水晶体(カメラで言えばレンズに相当)を通過した光が網膜(カメラで言えばフィルム)で像を結んだものです。したがって水晶体が濁り始めると物がぼんやりと白く霞んで見えたり、水晶体で光が散乱するため眩しく感じられたりするなどの症状が現れてきます。さらに進行すれば視力は低下し、眼鏡でも矯正できなくなって、日常生活に支障が出てきます。

白内障の原因

白内障という病気の本体である水晶体の濁り(たんぱく質の変性)は、さまざまな原因で発生しますが、原因として一番多いのが加齢です。
その他の原因としては、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの疾患、外傷、ステロイドなどの薬剤、日光、喫煙などが挙げられます。

白内障の主な症状

  • 視界が白く霞んで見える
  • 以前に比べて光がまぶしく感じられる
  • どんなに矯正してもメガネが合わない
  • 物がぼやけて二重、三重に見える
  • 視力の低下 など

白内障の治療

治療法には、点眼薬や内服薬などによる薬物療法もありますが、それらはあくまでも病状の進行を遅らせるものなので、視力が低下し、日常生活に支障をきたすようになったら、手術をお勧めします。
白内障の手術は身体への負担も少なく、局所麻酔で行うため短時間で済み、その日のうちにお帰りいただけます(日帰り手術)。

日帰り白内障手術についてはこちら

糖尿病白内障

糖尿病白内障とは

糖尿病によって起こる白内障です。高血糖からくる代謝異常が原因であり、健常人と比較して水晶体が濁るまでの時間が早くなります。

糖尿病白内障の治療

白内障は手術で対応できますが、血糖コントロールが悪い方は、内科主治医への相談が必要になります。