硝子体疾患

硝子体出血

網膜の血管が破れ、硝子体内に血液が溜った状態をいいます。
硝子体とは、眼球内の大半を占めるゼリー状の無色透明な組織ですが、硝子体出血が起こり、溜った血液で硝子体が濁ってしまうと、光が網膜まで届きにくくなり、視力低下などさまざまな症状が起こります。硝子体出血自体は自然に吸収されていき、徐々に回復することがほとんどですが、出血が多量の場合や重篤な眼の病気が原因の場合は、手術が必要になることがあります。

硝子体手術についてはこちら

糖尿病網膜症

糖尿病は血糖値の高い状態が継続する慢性疾患で、進行すると腎臓、神経、眼など様々な場所に影響が及びます。
通常、糖尿病の発症から数年〜10年以上を経てから目の自覚症状は現れるので、目に症状が現れた時には、糖尿病はかなり進行している可能性があります。自覚症状が出る前からの診察、治療がとても大切です。
糖尿病になっても最初の数年は目には何の症状も現れないため、一見なんともないように思えてしまいます。だからといって検査や治療を怠ってはいけません。眼科による定期受診、および血糖コントロールが大切です。

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、日本人の中途失明で第2位を占める疾患です。網膜の細い血管が損傷を受け、詰まっていきます。血管が詰まると網膜全体に酸素が行き渡らなくなり、酸欠状態に陥ります。その結果、出血や網膜剥離を起こします。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の治療としては、第一に内科的な血糖コントロールが大切です。内科における血糖コントロールと並行して眼科で定期的に診察をし、初期の場合は止血剤・循環改善などの内服をしたり、進行とともにレーザー治療(網膜光凝固)を行ったりします。重症の場合は、硝子体手術が行われます。

糖尿病網膜症手術についてはこちら

黄斑円孔

黄斑円孔は、黄斑部の中心窩に孔が開く疾患です。孔自体は直径0.5ミリにも満たない小さなものですが、視力にとって特に重要で鋭敏な部分にできるため、物が歪んで見えたり(変視症)、視力が大きく下がってしまったりします。眼底検査を行えば、すぐに診断がつきます。

黄斑円孔の原因

硝子体が、黄斑部の網膜を慢性的に引っ張ることによって起こります。長い間引っ張られ続けた網膜は、持ち上げられているうちにやがて亀裂が入り、孔が開きます。60代をピークに、その前後の年齢層に多く発症する疾患ですが、眼の打撲などにより、若い人に起こるケースもあります。

黄斑円孔手術についてはこちら

黄斑上膜

黄斑上膜とは、網膜の黄斑部に薄い膜が張る病気で、黄斑前膜とか網膜前膜などとも呼ばれます。初期のうちは無症状ですが、進行すると膜の収縮により網膜がむくむ、膜が厚くなって収縮してしわができることによって視力が下がる、ピントが合わない、物が歪んで見える、などの症状が現れてきます。視力検査や眼底検査、蛍光眼底造影などの検査を行って診断をつけます。

黄斑上膜の原因

加齢とともに目の中の硝子体が網膜から離れていきますが、網膜の表面に残ってしまった硝子体に細胞が増殖して薄い膜(黄斑上膜)が形成されることによって起こります。目の怪我や網膜剥離の手術、他の網膜の病気によって生じることもあります。

黄斑上膜手術についてはこちら

網膜剥離

網膜剥離とは、眼のフイルムの働きをしている網膜の下に水が溜まり、網膜が剥がれてくる病気です。網膜に穴が開き、その穴から液化した硝子体が入り込んで徐々に網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」が一般的な網膜剥離です。
この病気の症状には、下記のようなものがあります。

  • 黒い点やごみのようなものが見える(飛蚊症)
  • ピカピカ光って見える(光視症)
  • 見ているものの一部が見えなくなる(視野欠損)

網膜剥離手術についてはこちら

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は、欧米では50歳以上の視力低下原因の上位を占める眼疾患で、ライフスタイルの変化に伴い、わが国でも増えています。瞳から入った光は、角膜、水晶体、硝子体を通り、網膜の上で像を結び、その情報が視神経を伝わって脳に伝えられ、像として認識されます。網膜の中でも黄斑と呼ばれる小さな部分は、視力をつかさどる重要な細胞が集中し、ものの形や大きさ、色など、見ることで得られる情報の大部分に関与しています。そのため、黄斑部に異常が生じると、深刻な視力低下を招きます。

この黄斑が障害される疾患が加齢黄斑変性で、2つのタイプに分かれます。その一つが萎縮型加齢黄斑変性で、もう一つが滲出型加齢黄斑変性です。
萎縮型は、網膜の細胞が変性し、老廃物などが溜まって栄養不足の状態となり、徐々に萎縮してしまうタイプです。
滲出型は、網膜の下の脈絡膜にある血管から、網膜に向けて新生血管が伸びてきてしまう病気です。伸びてきた新生血管は破れやすく、出血したり、血液中の成分が漏れ出したりすることで、黄斑部が障害されます。このタイプは萎縮型に比べて病状の進行が早く、急激な視力の低下を招きます。

加齢黄斑変性になると、ものがゆがんで見えたり、ぼやけて見えたり、見たい部分が黒く見えたりします。
検査では、視力検査、眼底検査、蛍光眼底造影検査、光干渉断層計検査を行います。
治療法としては、萎縮型については未だに有効な治療法はありません。
滲出型には、数年前から始められた、光線力学的療法(PDT)と抗血管新生薬療法(抗VEGF抗体療法)があります。

加齢黄斑変性手術についてはこちら

飛蚊症(後部硝子体剥離)

明るい所や白い壁を見たとき、目の前に蚊が飛んでいるように見えることをいいます。
黒い虫やゴミ、糸くずのように見えたり、大きさや形状は様々ですが、視線を動かすと一緒に移動してくるように見えることもあります。目をこすったり、瞬きをしても消えません。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因として、年齢的変化により生じる場合と、病気の症状として現れる場合があります。
年齢的変化によるものとしては、加齢とともに網膜が硝子体から剥がれることがあり(後部硝子体剥離)、その際に飛蚊症を自覚することが多いです。病気に伴うものとして、網膜剥離や網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎など様々な病気が原因で生じます。

飛蚊症の多くは年齢的変化によるものですが、早期に治療が必要な病気の可能性もありますので、原因を見極めることが重要です。そのため飛蚊症を自覚したら、眼底検査を受けることが必要です。

光視症

視野の一部に実際にはない光が見える症状のことです。飛蚊症と併発することがあります。

光視症の原因

原因として加齢とともに硝子体が変性、萎縮をすることにより網膜から剥がれ(硝子体剥離)、網膜が刺激されることにより、光るように見えるといわれています。網膜剥離や網膜裂孔が原因として起こることもあります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、「眼球の内側にある脈絡膜と毛様体、虹彩と隣接する組織に起きる炎症」の総称です。
目の痛み、充血、飛蚊症、視力低下、鈍痛などの症状があり、または全体が炎症を起こす病気です。再発が多い病気です。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎の原因は様々です。外因性のものには病原菌による感染、内因性のものには免疫異常がおもなものになり、自己免疫疾患や炎症性疾患の症状としてみられることがあります。ぶどう膜炎の原因の多くはサルコイドーシス、原田病、ベーチェット病などは三大ぶどう膜炎が占めており、白内障や緑内障、網膜剥離などの合併症が起こりうる可能性もあります。原因がはっきりしないものは、突発性ぶどう膜炎とも呼ばれます。

ぶどう膜炎の治療

原因となる自己免疫疾患があるかどうか検査を行ったうえで、ステロイド点眼薬や散瞳薬の点眼を使用します。

網膜色素変性症

難病指定されていて、網膜に異常がみられる遺伝性の疾患です。
発症年齢は20~40歳ごろが多く、進行具合は人によって様々です。

暗いところのものが見えにくくなる夜盲、視野が狭くなる視野狭窄、視力低下などの眼症状が見られます。

網膜色素変性症の原因

遺伝によることがほとんどですが、孤発性も多いです。

網膜色素変性症の治療

根本的な治療法はないので、まぶしさやちらつきを押さえる遮光眼鏡の使用と進行を遅らせるといわれているビタミンAの内服、循環改善薬の使用などが行われます。